南九州市

本場英国のティータイムが楽しめる「薩摩英国館TeaWorld」

2021年05月21日 更新

スポット
  • 公園・施設

知覧武家屋敷近くの赤い二階建てのロンドンバスが目印の「薩摩英国館TeaWorld」。
館内には、資料館とショップ、ティールームがある。

資料館では、幕末期の薩摩とイギリスの関わりを、イギリスの資料を基に紹介。
ショップではブレンドティー、お菓子をはじめ、ティーカップや英国雑貨、ガーデニング関係の書籍なども揃っている。
特に、薩摩英国館オリジナルの紅茶「夢ふうき」はお土産にも人気。枕崎で生まれた「べにふうき」という品種の紅茶のみを使用。一本一本大切に植えられ、有機無農薬で育て、手摘みし、香りや色を確かめながら丹精こめて作られた紅茶だ。英国の紅茶のコンテストで金賞を受賞したこともあるんだとか。

館内のティールームではその夢ふうきをはじめ、ケーキやスコーンもあり、英国のティータイムを楽しむことが出来る。

https://kagoshima.onpara.jp//photo/999998/0/3659280.jpg
花柄のオシャレな食器も気分を上げてくれる。
また季節限定で、夢ふうきのソフトクリームやパフェもあり人気なんだとか。

歴史に触れながら、優雅なティータイムを過ごしてみるのはいかがだろうか。

県民のクチコミを見る



【場所】
南九州市知覧町郡13746-4

【開館時間】
10:00~17:00

【休館日】
火曜、年末年始

【入館料】
資料館のみご利用の方は入館料350円

【交通アクセス】
指宿スカイライン「知覧IC」から車で約15分

【問い合わせ】※電話番号
0993-83-3963
⇒詳細はこちら
https://www.city.minamikyushu.lg.jp/kankou/kanko/sagasu/chiranchiiki/ekokukan.html

鹿児島県民限定のお得情報は
こちらからも配信中!

  • 本場英国のティータイムが楽しめる「薩摩英国館TeaWorld」