鹿児島市

鹿児島の食材と職人技、フレンチを融合した芸術的な「新薩摩料理」が 味わえるレストラン。

2022年02月10日 更新

スポット
  • グルメ・お酒

天文館の御着屋交番近くの建物の地下1階にある「Restaurant Nori(レストランノリ)」。鹿児島の郷土料理とフレンチを融合した新しい料理「新薩摩料理」が味わえる店だ。

フランスの星付きフレンチレストランや、東京の名店で修行をしたというオーナーは、出身地である鹿児島に戻って、2019年にレストランノリをオープン。

鹿児島で活躍する作家さんや陶芸家さんと出会う中で、ものづくりへのこだわりに感銘を受けたことをきっかけに、上質なフレンチを味わえるだけでなく、「鹿児島だからこそ表現できる料理を提供し、鹿児島の文化を体験して欲しい」という想いが芽生え、「新薩摩料理」という新しいジャンルの料理を生み出したんだそう。

そんなレストランノリの料理は一皿一皿がとても個性的だ。
写真は一口オードブル。
https://kagoshima.onpara.jp//photo/999998/0/3735680.jpg
見た目は和菓子のようで可愛らしいが、黒豚を包んだ大福や、マグロをガレットできんつば風にしたものなど、鹿児島を感じる前菜だ。

この料理に使われている器は、逆さにした桜島をモチーフにしたもの。
https://kagoshima.onpara.jp//photo/999998/0/3735690.jpg
料理と一緒にお香もたかれ、料理と同じ器をひっくり返したもの(桜島)から噴煙が出ているように見える仕掛けだ。

メインは鹿児島県産の黒毛和牛を低温でじっくり火を入れた一品。
https://kagoshima.onpara.jp//photo/999998/0/3735700.jpg
ナイフでスーッと切れる柔らかさで、しっとりしていて美味しい。

https://kagoshima.onpara.jp//photo/999998/0/3735710.jpg
デザートでは、ドリンクが薬膳茶や抹茶など数種類から選べる。薬膳は霧島の薬膳専門店「薬膳小町」のものを使用しており、ドリンクメニューの中にも薬膳酒が数種類用意されていた。

シンプルで全体的に暗いトーンでまとめられた店内では、テーブル席にスポットライトがあてられていて、まさに劇場の中にいるかのような演出になっている。

一品一品使われている食材や器についての話を聞きながら、ここでしか味わえない「新薩摩料理」をいただく。記念日など特別な日に利用するのもオススメだ。

無料の会員登録はこちら



【店名】Restaurant Nori(レストラン ノリ)
【住所】鹿児島県鹿児島市東千石町16-14-B1階
【電話番号】099-248-8587
【定休日】月曜(昼は火曜も休み)
【営業時間】
昼…11:30~16:00(13:00LO)
夜…18:00~21:00(21:00LO)
【駐車場】なし
https://www.restaurant-nori.com/

地図を見る

鹿児島県民限定のお得情報は
こちらからも配信中!

  • 鹿児島の食材と職人技、フレンチを融合した芸術的な「新薩摩料理」が 味わえるレストラン。